2018年04月26日

虫歯の原因

こんにちは、歯科衛生士Tです!

本日は虫歯の原因菌のミュータンス菌についてお話いたします。

【ミュータンス菌とは?】

口腔内細菌の中でも最も強力に酸を作り、歯を脱灰(虫歯を作る)する力を持った細菌がミュータンス菌です。生後約10ヶ月〜31ヶ月の期間に、乳児と接触頻度が高い保護者(主に母親)から感染します。一旦感染してしまうと、口の中からミュータンス菌を排除することが困難です。

エナメル質のツルツルな面にも砂糖を餌にネバネバのグルカンをつくり、歯にぴったりくっつくことが出来るので、歯のどこの部位でも容易に虫歯を発生させることが出来るのが特徴です。

多くの口腔内細菌は、酸性の環境下では酸を作り出す能力を失いますが、ミュータンス菌は酸性の環境でも平気で生き延び、更に酸を作り続けることが可能です。

【ミュータンス菌が強力に感染する条件は?】

乳児と頻繁に接触する保護者の口の中に、大量のミュータンス菌が存在する。(保護者の口の中に多くの虫歯が現存する。或いは数多くの歯で虫歯の治療を経験した。)

感染を起こしやすい上記期間に、保護者から頻繁に子供(小児)への感染の機会がある。(口移し、同じ箸、スプーンの使用など。)

同様の期間に子供(小児)が砂糖を含んだ食べ物や飲み物を多く摂取する。

【ミュータンス菌が感染するとなぜ減らせないの?】

乳児の時期に口の中に大量のミュータンス菌が感染すると、歯磨きをしたくらいでは、菌量を減らす事は出来ません。
ミュータンス菌は砂糖を餌にネバネバのグルカンを作ります。また、ミュータンス菌の表面には螺旋状の突起物があり、それが歯の表面にねじ込むようにして、歯に張り付いてしまうのです。
ミュータンス菌や歯周病菌などの細菌が集合体を作り歯の表面に形成された膜をバイオフィルムといいます。バイオフィルムの状態になると更に菌力は増して行きます。

お子さんが小さい時にミュータンス菌の感染を防げれば、かなり虫歯になりにくいお口の中を作ることが出来ますので、小さいお子様のお母様は、ぜひ受診なさってください!  

Posted by m504218 at 12:54Comments(0)

2018年04月19日

鼻呼吸をするだけで♪【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

はじめまして。最近大阪から出てきて東京に住みだした歯科衛生士のKです。

4月ももう半ばとなりました。
花粉もヒノキに移行してきているようですね。
この時期、日中と朝晩の寒暖差が激しく、風邪をひいてしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は鼻呼吸の大切さをお伝えしたいと思います!


口は食事や栄養をとるための器官!
鼻は呼吸するための器官!






鼻呼吸ってすごい


お肌や細胞の活性化
鼻呼吸をしていると深い呼吸になり、体のあらゆる細胞に与える栄養分を体内で生成することができます。その栄養分が細胞に行きわたり、お肌の細胞も活性化されて活き活きしてくるのです!
臓器も細胞の集まりなので鼻呼吸をしていると、体の中から健康になることができますね♪
tEGcBluiZcXmAFN_12077




口と違い、鼻にはフィルターがあり、鼻呼吸は風邪予防に効果があります!
鼻にはフィルターがあり、大気中に含まれる有害物質やウィルスの侵入を防いでくれます。
口呼吸だとフィルターがないのでダイレクトに菌やウイルスが体内に侵入し、風邪をひきやすくなってしまいます。
朝起きて喉がイガイガしたりカラカラだったりしませんか?寝ているときに口呼吸の方はたくさんいらっしゃいます。もしお心当たりがあれば、最近お口に貼るテープが販売されてきているのでぜひ使ってみてください!
81m-NF-X3hL__SL1500_




免疫力を高める効果!
鼻呼吸だとフィルターでウイルスなどの侵入を防ぐことができ、それでも侵入したものは扁桃腺やアデノイドで除菌して健康を保とうとします。
ですが口呼吸だとダイレクトに体内に侵入し、扁桃腺やアデノイドがパンク状態になってしまいます。
扁桃腺は体内に侵入してきた有害物質や細菌と戦う白血球を作り出すところです
そこが汚染されると、その場で白血球が使われてしまううえに、細菌の付着した白血球を全身に送り出すことにもなってしまいます。
近年、喘息やアトピー性皮膚炎が増えていることと深く関わっているといわれております。
hanakokyuu




虫歯や歯周病を防ぐ効果もある
口呼吸をしているとお口の中が乾燥してしまいます。
乾燥すると菌やウイルスが繁殖しやすくなります。
すると虫歯や歯周病に影響が起こってしまいます!
鼻呼吸だと、唾液も乾燥しないので唾液の効果も大いに発揮することができます。
Straightening-Teeth-No-Braces


鼻呼吸はこんなにいいことがたくさん♪
皆様も今日から一緒に鼻呼吸を心がけましょう♪


最後まで読んでくださりありがとうございます!




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅

  
Posted by m504218 at 16:31Comments(0)

2018年04月16日

口内炎に良い食べ物は?【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

皆さんこんにちは!
歯科衛生士のR.Sです。


皆さん、口内炎で悩まされたことはございませんか?
できてしまうとお食事のたび痛い思いをしたり…つらいですよね。

口内炎は栄養バランスが乱れていたり、ストレスなどの環境からくることもあります。

ゆっくり身体を休めて頂くのはもちろんのこと、
口内炎に良い食べ物をご紹介します


ビタミンをよくとってもらうのが一番なのですが、その中でもビタミンB2が良いです!

1803



しかしビタミンは体の中に摂取した分、蓄積されることはなく
一定の量を超えてしまうと排出されてしまいます。

こまめに摂取することを心がけましょう。




  
Posted by m504218 at 12:56Comments(0)

2018年04月05日

唾液の働きとむし歯予防【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

皆様こんにちは!歯科衛生士のSです(*・ω・)

4月になり、新学期や新生活をスタートした方もいらっしゃるかと思いますがいかがお過ごしでしょうか?


今日は唾液の働きとむし歯予防についてお話したいかと思います。


皆様、唾液にはどのような働きがあるかご存知でしょうか?

唾液には、消化吸収を助けるだけでなく、お口や全身の健康を守る為の様々な働きがあります。
むし歯予防にも、唾液は大変重要な役割を果たしています。


唾液のもつ3つの働き!!!

\浄、殺菌、抗菌

唾液はお口の中を絶えず流れて、食べかすやお口の中に住んでいる細菌を洗い流します。
また、唾液に含まれた免疫物質は、粘膜からの細菌感染を防ぎます。




口の中を中性にする

唾液には、飲食で酸性に傾いたお口の中を中性に戻す作用(緩衝能)があります。
むし歯の原因菌(ミュータンス菌)は食べ物に含まれる砂糖や炭水化物を分解して酸をつくりますが、唾液はこれを中和してむし歯の始まりを防ぎます。




再石灰化
唾液には、歯の成分であるカルシウムやリンが含まれています。
お口の中のミュータンス菌が食べカス等を分解してつくり出した酸は、歯の表面のエナメル質を溶かします。
この時唾液があると、唾液中のカルシウムやリンが溶けだした部分を補うように歯の表面に付着して歯を修正します。これが『再石灰化』作用です。
唾液が多いほど再石灰化の働きは強まります。



再石灰化






唾液には様々な作用があることをお分かりいただけましたでしょうか?



また何かわからない点などございましたらいつでもスタッフにお声掛けください(o^―^o)




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅



  
Posted by m504218 at 12:15Comments(0)