皆様、こんにちは

歯科衛生士のRでございます(`・ω・´)

 

本日はなんだか〜‥

妊娠されている患者様が多かった気がします

 

なので、それにちなんでお腹の中にいらっしゃる赤ちゃんも

今から虫歯対策ができることをお話致します

 

赤ちゃんはお口に虫歯菌がいない状態で生まれてくるのですね( ・Д・)

なので、お母さんお父さんの努力次第で虫歯になりにくい環境作りができるのです

 

虫歯の原因となる菌は、接触の多い母親からの感染が大半であることがわかっております。

それだけに、お子さんの歯の免疫機能が高まる2,3歳までは、親が使ったスプーンでは

食べさせないなど配慮することが望ましいです(・◇・)ゞ

 

 

 

子供の歯(乳歯)の芽は妊娠7週目ころに作られ、

大人の歯は(永久歯)は妊娠4ヶ月ころから成長が始まります

 

健康で美しい歯を作るには大人になってからでは遅く、妊娠中から

栄養バランスのいい食事を取るなど、お子様の歯のためにできることがござます(。・ω・)ノ゙

 

妊娠されている方は、麻酔などの影響を懸念して、妊婦が治療をすることを敬遠することが

ございますが、妊娠7ヶ月ごろまでは通常の歯科治療を受けられ、歯のクリーニングでしたら

それ以降も受けられますので、

 

赤ちゃんのためにも、一度歯科医院にご来院されてみてはいかがでしょうか?