今日は、早産についてお話し致します。

 体重2500グラムを切って生まれる低出生体重児が増えています。

 中でも、1500グラムに満たない極低出生体重のあかちゃんは生後すぐ亡くなったり何らかの

 疾患を負ったりする危険が高い。原因がハッキリしないことも少なくないが、早産を誘発すると

 される、妊婦の歯周病と子宮内の細菌感染を防ぐことで、母胎でしっかり育ってもらおうという

 試みが、熊本県天草区でなされたそうです。

 結果、極低出生体重児の出生率が過去5平均の7割も減ったという

 胎児の体を守るために予防する事として

  〇間を縦方向に磨くほか、歯と歯ぐきの境目を横方向に磨く

  ∋1本ずつをソフトタッチで磨く

  Gタ韻陵無に関わらず、歯の定期検診を受ける

 また、早産をした人の胎盤を調べると絨毛膜羊膜炎が8割を占めるという。

 ということで、絨毛膜羊膜炎を予防するには

  .織丱海狼曚錣覆

  飲酒は控える

  Gタ叡罎寮行為は、細菌感染を防ぐ為にコンドームを使う

 

 皆さん、健康で元気な赤ちゃんを産むために、日頃から予防しましょう

東京都江戸川区篠崎の歯医者:ふかさわ歯科クリニック・船堀・一之江・瑞江・本八幡・小岩・市川。 筍娃魁檻械僑沓供檻隠娃毅

●http://www.fukasawa.biz/●

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★