こんにちは!歯科助手のAです(・∀・)

今日は気温は高いですが、風が凄いですね!
花粉症の方はとてもお辛い季節ですね。

さて、本日は知覚過敏についてお話し致します。

みなさまは、冷たいものが歯にしみたり、歯ブラシがあたると痛むという症状で困ったことはありませんか?

これは、歯の表面のエナメル質やセメント質が剥がれ落ちて象牙質がむき出しになり、外の刺激が象牙細菅を通じて歯の神経に直接伝わるために起こります。
過度な負担や圧力、歯周病、歯磨きのしすぎ、老化等で歯肉は下がってきます。

処置の方法としては、ブラッシング指導やかみ合わせの調整、修復といった方法があります。

もし、歯がしみる症状のある方は、なるべく早めに医院へお越し下さい。みなさまでお口の健康を守っていきましょう。


*************************************************************************************
江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03(3676)1058