2016年01月20日

歯の詰め物☆

こんにちは、歯科衛生士Tです!

急に冷え込むようになりましたね。インフルエンザや風邪が流行って来ているので皆様体調管理にはお気をつけください。

さて本日は歯の詰め物についてです。
むし歯の範囲が小さい場合はプラスチックの材料で詰めることが出来ます。治療回数は一回です。
むし歯の範囲が大きい場合や、歯と歯の間にまたがる場合は、型取りをして金属の材料で治します。治療回数は二回です。
型取りをする場合で、白いものをご希望になる時は保険外の材料がございます。
白い材料はセラミックです。変色が起こらず、歯にぴったりと合うように作成することが出来ます。
そして更に大きい虫歯は神経を取って、被せ物をするようになります。治療回数は5回以上かかります。
このように、むし歯は小さい方が、簡単に治す事が出来ます。
症状が出た時は、ある程度進行していることが多いので、皆様定期的に検診をして、ご自身の歯を守って下さい!

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03(3676)1058 スポンサードリンク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m504218/51474981