2018年12月21日

むし歯予防☆

こんにちは、歯科衛生士Tです!

だいぶん冷え込む季節になりましたね。乾燥もしてきているので、インフルエンザや風邪に皆さまお気を付けくださいませ。

さて本日はむし歯予防についてお話します。
お口の中のphは通常6.7くらいに保たれています。phとは酸やアルカリを示す単位で、7は中性、7以下は酸性、7以上はアルカリ性となります。
糖を含んだ飲食をすると、お口の中の細菌が酸を出して、phが下がっていきます。
そして、phが5.5以下になると歯が溶け始めてしまいます!
一度酸性になってしまったphは、時間が経つと自然に元のphに戻るのですが、phが5.5以下の状態が長い時間続くと歯にポッカリと穴が空いてしまいます。

酸性にするのは細菌でもそうですが、飲食物にも酸性のものが多くあります。
コーラはなんと2!胃酸のphが1〜1.5ほどですので、かなりの酸性といえます。
その他にスポーツドリンクや、オレンジジュース、無糖の炭酸水もphが低いので、頻繁に飲んでいるとむし歯の原因となります。
tansansui_02













飲食はだらだらと取らず、規則正しい食生活を送ることで、虫歯予防にもつながります。
普段の食生活で心当たりのある方は、見直してみてくださいませ。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
スポンサードリンク