みなさまこんにちは

歯科衛生士のWです。本日は治療中断がよくない理由についてお伝えします



『お口の健康維持のために、治療は最後までご受診ください。
歯は風邪のように「放っておけば治る」ということは、ありません。』



一番のお願いは、「治療の完了」

「治療の中断」は、わたしたち歯科専門家が患者様に一番避けて頂きたいことです。
治療の途中ですので、もちろん完治はしていません。加えて、治っていない状態で放置しておくと、
そこから新たな病気が始まる危険性が高まるからです。そのため、場合によっては最初に
ご受診頂いた時よりもお口の健康が損なわれてしまうことも少なくないのです。
一生ご自身の歯で過ごすことができるよう、ぜひ治療は最後までお受け下さいませ。



治療の中断が多い場面

歯の治療には、患者様が中断しやすい場面があります。どんな時に中断したくなるか、
その場面と中断した結果の危険性を知り、自分自身の気持ちと行動をコントロールしましょう。



『 ̄急処置で痛みが消えた時』

痛みが激しい時は、まずその炎症を鎮める処置をします。痛みが消えてから
実際の治療が始まります。中断してしまいますと、再び同じ状態に戻ってしまいます。



『被せ物の型を取り終わった時』

作った被せ物は、なるべく早く装着しないと、お口の状態が変化して入らなくなってしまうことがあります。
その場合は、再度作り直しが必要となり、お金も時間も更にかかってしまいます。
被せ物を作るために通院間隔が少しあいてしまいますが、ご辛抱ください。



『2昌を入れた時』

仮歯を入れると見た目も元に戻り、日常的に不自由しなくなります。「これで充分!」と
ご判断される方がいらっしゃいますが、仮歯は最終的な被せ物と違い、仮付けでつけてあること、
プラスチックでできているので割れやすいかったり、歯垢がつきやすいこと(口臭の元にも)、
精密にできていないので、細菌がたまりやすいため歯周病や虫歯に罹患しすいことがあげられます。
放っておいてしまったあとに治療再開したころには、治療前以上に状態が悪化してしまった、
ということも充分にありますので、ご注意ください。



『せの神経の治療中』

この治療を中断すると、最も危険な状態になります!!
根の治療は、繊細な治療を繰り返し、細菌が根の中で繁殖しないように、また減らしていくように
治療します。途中で中断してしまうと、炎症の悪化、虫歯が広範囲に広がるなどがおこり、
最悪の場合、抜歯しないといけなくなってしまうことも少なくないのです。



様々な例がありますが、いずれにしても、中断して良い方に転がる事はございません。
お忙しい中通院してくださっている方、歯科治療が苦手な方など様々な事情が
あるかとは思いますが、ぜひ、最後まで通院をお願い致します



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅