こんにちは、歯科衛生士Oです。

お子様をお持ちのお母さま!毎日のおやつはどうされていますか?
ジュースやアメ、クッキー、チョコレートなど与えていないですか?
ついついお子様も喜ぶので食べさせてしまいがちですよね。
でも甘いお菓子やジュースはお砂糖の固まりです。むし歯菌はお砂糖を餌にお口の中でどんどん増え、歯を溶かしてしまいます。気がついたら虫歯に!!! なんていう事も!!
子供の歯は柔らかいので、一度虫歯に罹患すると、あっという間に他の歯にも広がってしまいます。そうなると治療をするしかなくなります。
それならどうすればいいのか?もちろん歯磨きもとても大事です。
でも一番良いのはお砂糖の甘い味を早くから覚えさせない事です。
お砂糖の摂取は虫歯だけでなく、風邪をひきやすくなったりアレルギー体質にもなりやすいと言われています。
ですからなるべく過剰摂取しない事をお勧めします。
同じ甘い物なら季節の果物や野菜など自然の甘さのものをおやつにするのが理想的です。

本来おやつは、動きが活発になってきたお子様のエネルギー補給のために与えるものです。
ですからおにぎりなどお腹に貯まるものも良いかもしれません。

お子様がこれから歳をとるまで使わないといけない大事な歯!その歯を守れるのはお母様とご家族だけです。
もちろん歯科医院スタッフもできる限り協力させていただきますので、不安な事などあればいつでもご相談ください。
甘いお菓子だけがおやつではありません。是非お子様のためにおやつを見直してみて下さい。