こんにちは!歯科衛生士のIです。

本日はタバコと歯周病についてのお話を行います!

タバコの健康への影響はご存じかと思いますが、お口にも影響することはご存じでしょうか?

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。そして、口はタバコの煙が最初に通過する場所ですので様々な影響があります

喫煙すると、歯の表面にヤニが付くだけではありません
口腔・咽頭がんの発生率が3倍になるほか味覚が鈍くなったり口臭を悪化させます。
また、喫煙は歯周病の大きなリスクであり、非喫煙者と比べて2.7倍にもなり、歯の喪失は10年早まると言われています!
(喫煙歴が長く1日の本数が多ければ多いほど倍率は高くなります)
特定の細菌や、年齢、糖尿病などよりも、喫煙のほうが重症化しやすいです!

喫煙者は歯周病にかかりやすく、分かりにくいです。
気づいたら重度の歯周病になってたということがあります。
さらに治療しても治りにくいことがわかってます。
通常、歯周病になると歯ぐきが腫れたり血が出ますが、
ニコチンの血管収縮作用により、歯周病が進行しても腫れたり血が出にくく、
さらに免疫機能も狂わせますので抵抗力が落ちます。
傷を治す組織を作る細胞(線維芽細胞)の働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。

cigarette_02




















禁煙すると・・・

禁煙することで、この危険性が下がっていくことも、研究の結果解っています。
「歯周病にかかりやすさ」は4割も減ります。手術後の治療経過も禁煙者は非喫煙者とほとんど差が無くなります。

タバコをやめない限り歯周病は治らない!とさえ言われていますので、歯周病を完治させ、再発を防ぎたい場合は、たばこをやめる事が近道になる事は間違いありません

体と歯の健康を守るために、禁煙を目指していきましょう!!!

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅