みなさまこんにちは

歯科衛生士のWです。本日は飲食とおくちのpH濃度についてのお話です



『飲食するとどうなってしまうの?』


『飲食するとおくちの中は強い酸性になります!』


下の図は、砂糖水でうがいをした時のプラーク(歯垢)中のpH変化を
グラフ化したもの(ステファンカーブ)です。5%の砂糖水(赤のライン)で
うがいをして2分経過すると、pH4(酸性)まで下がります。

グラフィックス1











乳歯と永久歯の象牙質はpH5.7-6.2、永久歯のエナメル質はpH5.5-5.7で
歯の表面からリンやカルシウムが溶け出します(脱灰)。



『そのままではどんどん虫歯になってしまう、、どうすれば、、』


『大丈夫。おくちの中は食後30分で中性に戻ります』


酸性に傾いたpHを中和する唾液の働き(緩衝能)によって、
食後30分程で、おくちの中は中性に戻ります。


グラフィックス2











唾液中に溶け出したリンやカルシウムが、
歯の表面に戻り、歯は修復されます(再石灰化)。



『ですので、飲食回数がお口の中の環境を決めます』


グラフィックス3












上の図は、飲食回数が1日4回と7回の場合を比較しています。
食べる回数が多いと、歯が酸にさらされる(pH5.5以下)
時間が長くなり、虫歯に罹患するリスクがとても高くなります。


『このことから、食事回数が多い方、間食が多い方、間食や飲み物を
ダラダラ摂取する方は、虫歯リスクがとても高いです』

『できるだけ食事は1日3回、間食は決められた時間に短時間で
摂取するのが理想的です!皆様もぜひ、意識してみてくださいね』



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅歯科 .