こんにちは!!ふかさわ歯科クリニックのIです!

フッ素で虫歯予防に関してお話します


フッ素は自然界に存在する物質で、お茶の葉や海産物にも多く含まれています。
フッ素の毒性(急性中毒や慢性中毒)による副作用を心配する人がいますが、
たとえ赤ちゃん・乳幼児や子供などの低年齢に対してのフッ素使用であっても、使用量を守れば全く問題ありません



低濃度フッ化物が虫歯予防に効果的

フッ素は歯の表面にあるエナメル質を化学的に強化して、エナメル質を強くする効果があります!
最近の研究では、低濃度のフッ化物イオンがごくわずか(1ppm)でも口腔内に残る事で、酸によって歯が溶けるのを抑制する事がわかっています。

また、虫歯菌(ミュータンス菌)を弱って現象するといわれてます


初期の虫歯であれば再生可能

歯が溶けて失われたミネラルを取り込む効果があるため、初期であればエナメル質が再生されます!

ご家庭ではフッ素入りの歯磨き粉や洗口剤を毎日使用する事で、効果的に虫歯予防が出来ます!


歯医者では高濃度フッ素を使用

歯医者で定期的に高濃度フッ素(9000ppm)を塗布する事で、より効果的に予防できます。

低濃度のフッ素と高濃度のフッ素を併用する事が一番効果が期待されます!


当院でも様々な歯磨剤などを揃えています!
患者様に合った歯磨剤など提案させて頂きますので、ぜひご相談くださいませ!