2011年01月19日

最近読んでいる本

こんにちわ。Dr.Nです。我が家では育児も落ち着きつつあり(慣れただけでしょうか?)、本を読む時間が多くなりました。

当院にはたくさん本があります。ほとんどが学術の本、自己啓発の本、院内マネジメントに関するものです。スタッフ教育の一環として読書を推奨しています。

最近は歯科関係のマネジメントの本を読み漁っていたのですが、歯科も他業種の顧客サービスやマネジメントを見習ってきている傾向にあるなと感じました。

そこで他業種の本(いわゆるビジネス一般向けの本)も読んでみることに。

神田昌典さんの本、リッツ・カールトンの本、カシータを作った人の本などなど。。

他業種のサービス感覚ってすごい!もちろん歯医者でできることは限られているけど、まだまだ患者さんに喜ばれるようなことってたくさんあるんじゃないかと思いました。

みなさんどんな歯医者に行きたいのでしょうか??

痛くない、説明丁寧、先生がやさしい。。 この辺は最近の歯医者さんだとほとんどがクリアしているんじゃないかと感じます。

どんな歯医者だったらメンテナンスをしに、美容院やエステに行くような感覚で行こうと思えるんでしょうか?

正解はひとつでないしものすごく難しい問題ですが(当院を含めたくさんの医院が模索中なのです)、早いうちに自分なりの答えを出したいなと思います。

患者さんが気楽な気持ちで歯医者に来られるのが一番です!
 


  

Posted by m504218 at 20:08Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月15日

国家の品格

こんにちは! Drです                                                                                               昨日は友人の薦めで、藤原 正彦 著書                                                            話題の「国家の品格」を読みました。

国家の品格

最近の暗いニュースに心を痛めていた方も多いと思いますが、《戦後の日本人は一体どうなってしまったのか?》と言う問いかけに、日本古来の「武士道」という視点も交えて書かれています。

著者も、以前はアメリカナイズされていたひとりだそうで             本当の国際人とは、英語が話せることではなく、日本の文化と教養と道徳をしっかりと身に付けた「もののあわれ」の情緒をも知り、思いやりの心を持って生きている人である。                                            グローバリズムとは即ち、アメリカに都合の良い論理に基ずいた画一化した産業世界を作る事を指している。

小学生は、先ず国語を確りと学び、世界に誇れる日本の文学を読み、道徳、文化、歴史をきちんと勉強する必要がある。そうでなければ、他国から経済面で羨ましがられる事はあっても、尊敬はされないと思います。

確かに「愛も金で買える」と言っていた勝ち組の代表が              あのようなことになり、拝金主義が増えている。

いじめ問題については「1人を大勢でやっつける弱い者イジメは卑怯である」という、かつての高貴な日本人の教えを、私達は思い出さなければならない。

ある著名な方も、こうおっしゃっていました。                                             『[怯]という事や言葉を、確りと子供達に教えていかなければならない。』

数々の天才達を生み出してきた日本の美しい                       国土と文化なくして、日本の繁栄はない・・・等々                                                                             
とても考えさせられる内容でした。

私も自分を省みると、今後の生活に活かせる所が沢山ありました。                  

先ずは日本文学を読みつつ、遅ればせながら伝統文化を学んでいきたいと思います。              

とても読みやすいので、是非 読んでみて下さい


東京都江戸川区篠崎の歯科医院 ふかさわ歯科クリニック・船堀・一之江・瑞江・本八幡・小岩・市川からも御来院されています。 筍娃魁檻械僑沓供檻隠娃毅   
Posted by m504218 at 11:01

2007年01月10日

こたつの中で読み更ける・・・

こんにちは。歯科衛生士Oです。                                                                                                 お正月も過ぎ.又.平常の生活に戻りつつありますね

今回も最近読んだ本を、紹介致します。


アフターダーク 著・村上春樹(講談社)

マフター私の好きな「ハルキ・ムラカミ」                                                    文庫本が出ていたので早速購入

BOOKデータベースより
時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう一人の若い女性をとらえる―。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

「夜は、昼と違う時間が流れている。」                         と思う事が、時折あります。

昼と夜の間には、埋められない深い溝があり                    それとまた同じように、人と人との間に埋められない                  深い溝が在ることもあります。

私は、この作品を読み、時々日常生活でふっと現れる                空虚間のようなものに似ているな。と、感じました。

読んでみて、良かったと思いました。                                                                                           一晩で読み切ってしまいましたよ


GOOD&NEW                                  ☆患者様から治療後、感謝の言葉を頂いて                     とても仕事をしている事を嬉しく思いました。

☆昨日は、驚く程忙しかったのですが、スタッフ全員が協力して診療が出来たので、良かったと思います。


東京都江戸川区篠崎の歯科医院 ふかさわ歯科クリニック・船堀・一之江・瑞江・本八幡・小岩・市川  筍娃魁檻械僑沓供檻隠娃毅   
Posted by m504218 at 11:28

2006年09月18日

敬老の日

皆さんこんにちは、Drです。                                     今日は「敬老の日」ですが、台風接近のため大雨です。

先日、島田洋七著「佐賀のがばいばあちゃん」という本を読みました。
「お金は無くても心は錦という由緒正しい明るい貧乏暮らしの                 おばあちゃんの話でとても感動しました

「ケチは最低、倹約は天才」と言うおばあちゃんは                          人にも環境にも優しくいつも前向きな方で                                周りの人達もとてもあたたかく                                           自分も含めて現在は失われつつある                                 「お互いに助け合うこと」が深く心に残りました。
 

私も子供の時、学校の休みに祖母の家に妹といとこと泊まって             遊ぶというのが大好きでした。                                      

テレビゲームはなかったけれど工夫して色々な遊びを考え出して               本当に楽しい思い出ばかりです

料理上手でいつも優しかった祖母にとても感謝してます。

GOOD AND NEW

新婚さんの家に遊びに行った。
仕事がスムーズに出来た。
雨を予知できた。


東京都江戸川区篠崎の歯科医院 ふかさわ歯科クリニック・船堀・一之江・瑞江・本八幡・小岩・市川からも御来院されています。 筍娃魁檻械僑沓供檻隠娃毅 

  
Posted by m504218 at 10:43Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月02日

THE・未熟−歯と喫煙の関係について

愛すべきは、その未熟さです。

未熟さこそが、自分の最大の魅力で武器なのだと、胸を張りなさい。                       

まわりは皆自分の人生を決め始めているのに自分はまだだという                      置いていかれたような虚無感。

早く大人になりたい、先へ進みたいという焦り。

そういう思いを感じた時、この言葉と出会いました。

ああ、急がなくてもいいんだと、未熟な自分を受け入れたら                            フッと肩の力が抜けました。

経験や知識も、才能やセンスも、権力もコネもない。
ないものばかりを探していった先に、見つけるのは未熟さ。

未熟だからこそ、出来ることもあるはず。
もしかしたら、そういう考え方って現実的じゃないだろうけれど                            採用したいなぁ…

自分の未熟さを嘆く時、他人の未熟さにあきれる時。
「未熟さこそが武器」って思い出したい。

何らかの意味で、誰もが未熟さを通過してきた。
なかには、未熟だった時期の自分を思い出したくない人もいるだろう。
私にも、恥ずかしさをともなわずに思い出さずにはいられない                           「未熟な頃」が多くある。
でも、たしかに、武器だったんだろうなぁとも思える。
今の自分も、間違いなくあるその武器。
大事にしたいな。

(参考)
「未熟な夫」と、どうつきあうの? (山崎雅保)
http://e-kotoba.net/cgi-bin/magbbs.cgi?mode=amazon&no=1876


歯と喫煙の関係について                                            

喫煙は肺に影響を与えるだけでなく                                           口腔領域にも悪影響を与える事は周知のとうり。

ここでは、少し具体的に                                                「どのような影響があるのか」を、お話ししたいと思います。

歯周疾患                                                      微生物の関与だけではなく 、患者さんの免疫機能にかかわる                    複合的な病因をもってる事が明らかになってきたそうです。

急性壊死性潰瘍性歯肉炎に関与するのも一般的見解です。                   又、ニコチンの血管収縮効果による創傷治癒の遅延や                       歯肉の循環変化なども生じます。                                      

最も考えなくてはならないのは、環境的喫煙です。                            これは本人だけでなく、周りの人達の健康をも脅かす因子です。

一人でも、そのような方が減る事を願っています。


GOOD&NEW                                                                  ●東京タワーに行き充実した休日を過ごせました。                               ●ホワイトニングをされた患者様がとても満足されて喜んでくれた事。                   ●雨が降っていたので家でゆっくり過ごせました。

東京都江戸川区篠崎の歯科医院 ふかさわ歯科クリニック 筍娃魁檻械僑沓供檻隠娃毅

  
Posted by m504218 at 12:41Comments(0)

2005年09月23日

是非、読んでください。

当院のスタッフの「読書感想文」を、シリーズで御紹介しています                                           今日は、第2弾                                                       歯科衛生士 主任の加藤と、長田の2名をご紹介い致します


氏名: 加藤 梨絵(主任歯科衛生士) 

書籍名: 入門 ビジネスコーチング  

この本を読んで勉強になった事

いかに今、コーチングが大切であるかという事を感じた。コーチングをする事で、一人一人の考えや能力を伸ばしていく事が出来る。これは、非常に重要な事である。本人にとっては、目標を持ち・達成し・スキルアップに繋がる。又、それは医院として、直接的にレベルアップが図れる事になる。コーチングは押し付けたりするものではなく、言葉のキャッチボールをする事で本人の「したい事」を探してあげるものである為、一人一人の多様な可能性を信じ、持ち味と成長を認め、目標を任せていく事が大切である。

すぐに取り入れられる・実行出来る事

・主任として後輩を信頼し、長所を確りと把握し、それぞれの成長や進歩を見逃さないよう観察し、「アアシロ! コウシロ!」の命令ではなく、相手に任せる。

 

・個人コーチング時に、

G−目標の明確化  / R−現実把握 / 0−選択肢の創造  W−目標達成の意思

GROWモデルを踏まえてコーチングを行い、仕事の意欲を高めさせていく。

 

・コーチングを上手く活かせる様もっと勉強し、話を否定せずに最後まで聴み、確りと受け止められるよう努めたい。

実際に上記のことを実行する為に

いつまでに、何をするかという実行計画

明日から直ぐ

良い所を見つけたら、マメにメモし、長所を把握していく。

毎月の「個人コーチング」時

一人一人に、どのように進めていくのかを考えて行う。

今月

コーチングの本を、もう1冊読む。

現在の実行状況

・コーチング時に話をよく聴くようになってきました。

・本にあった「質問」や「答え方」の例をメモし、各人に合わせて話をしています。

・個性を生かしてあげる事は非常に難しい事ですが、相手の長所を見つけていく事を大切にし、徐々に良いコーチングを行っていけるよう励んでいます。


氏名: 長田 彩乃  

書籍名:コーチングから生まれた

熱いビジネスチームをつくる 4つのタイプ                 

この本を読んで勉強になった事

人間関係で難しさを感じている時に、この本を読みました。私達は、自分で「あたりまえ」の事は、他人でも「あたりまえ」だと勘違いをしてしまう部分があります。人間を4つのタイプに分けた時に、色々な種類の人間が居るという事を学びました。そして、自分の常識が世間の常識ではないということを、ビジネスタイプを通じて学びました。因みに、私は「プロモーター」です。 私が日頃上手くいかないと思っている人間の殆どが、コントローラー。或いは、アナライザーでした。自分とタイプの違う人間と向き合い分かり合う為には、それぞれのタイプをまず知る事だと思いました。そして、好き嫌いの感情ではなく、自分と違うタイプの人間が世の中に居る事を、上手く認識して、よい付き合いをしていきたいと思いました。

すぐに取り入れられる・実行出来る事

・先ず、自分の周りに居る人を書き出してみる。

・タイプを自分で見分ける。

・感情に流されないで良い付き合いができるよう、その人の  

 良い所を無理やりでも10個あげてみる。

・先ずは、相手を知る事。そして、プラスの付き合いをす  

 る 事。

実際に上記の事を実行する為に、いつまでに・何をするかという実行計画

・今月中に、周りの人の良い所を10個あげる。

・10月15日迄に、良い所を書いたページを毎日眺めるように 

  する。

現在の実行状況

・良い所を書き出し始めました。効果はかなり有ります。

・感情だけで「この人は嫌いだ。」と思っていても、それだけで終わってしまいます。

・良い所は誰にでもあるものなので、良い所を見つけられる人になりたいと思います。

・そして始めから「この人は苦手だ」と、決め付けない事だと

  思います。

次回は、佐藤・他をご紹介致します では、又


GOOD&NEW

前回歯石を除去された患者様がとても気持ちが良かったと、お友達に自慢しちゃった。と嬉しそうにお話しして下さいました。

担当の患者様が毎月しっかりと来院していただけるようになりました。

歯周病で悩んでいられた方が、コンクール(歯周病予防のうがい薬)を使用し頑張ってくれています。

お友達の犬ミニチュアピンシャーのバズ君と遊び癒されました。

東京都江戸川区篠崎の歯科医院 歯医者 ふかさわ歯科の歯科ブログ

  
Posted by m504218 at 16:01Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月10日

是非、読んでください!

こんにちは 副理事長のfです

今日から、当院のスタッフの「読書感想文」をシリーズで御紹介致します。

手前味噌で申し訳ありませんが、当院のスタッフ達は実に素晴らしく、自己成長の為に、このようなビジネス書を読む等、日々努力を重ねています 

私や、一部の他院の方達への御紹介だけではもったいないので、是非、皆様にも読んで頂きたいと思い、公表に踏み切りました 

今後とも、温かい目で彼女達を見守ってあげて下さい

よろしくお願い致します

それでは、先ず本日は2名。 大塚 と、武井を御紹介致します。


名前: 大塚 志織     

書籍名:「ココロでわかると必ず人は伸びる」  

この本を読んで勉強になったこと

         人を教え伸ばす力は、「感動」であるという事。人は泣く程の感動を体験すると一皮むけて、仕事でも何でも自発的に頑張るようになる。そして、人を育てるには愛のあるプラス思考でポジティブトークを心がけるという事。 

         アドバイスや注意をする時は、言葉遣いに気を配り、「なぜ?」ではなく、「何が」を一緒に考える。      

         欠点ではなく、長所を見る目を身につける。

         「感動」の語源は「感即動」、まさしく、「感じ」、「即」、「動く」ことである。

すぐに取り入れられる・実行出来る事

・私は後輩を指導する立場に立って、初めて指導する事や人に伝える事の難しさを知りました。そして、この本から学んだことでもっとも感銘を受けた言葉は、人を伸ばす力は「感動」であるということ。 ただ、一方的に教えるだけではだめで、何か気づかせる事が大切。 仕事をしていく上で、スタッフ同士、又は、患者様と接し、日々何かの感動を覚えられるような環境の中に居たいと思いました。 そして私自身、後輩の見本になるような先輩になろうと思いました。 会話においては、ポジティブトークを心がける。 マイナス思考では前に進めないので注意する。

実際に上記の事を実行する為に、いつ迄に何をするかという実行計画

        人を動かすような言葉をかけられるように努力する。                             

        先輩やドクターとの会話の中で自分の力になったような言葉を後輩にも投げかけられるようにする。

        本の題名にもあるように、物事をココロでわかってもらえるように教えていかなければいけないと思いました

        そして、今、一緒に仕事をしている仲間達を良きライバルとして、お互いに昇進していけるようにしたいと思います。

現在の実行状況

         小さな事でも出来た事・前進した事については、おおいに褒める。

         何か注意をする時でも、言葉遣いには十分気を配り、その人が前向きに「頑張ろう」と思ってくれるように声をかける。

         励ましの言葉は最後に必ず加える。

         職場の中で自分の役割を見付けてもらえたら、その原動力は行動となり、現れてくるのではないかと思う。 

         私自身も、日々の生活の中で出来るだけ多くの「感動」を覚え、また、人にも感動を与えられるように努力しています。

         笑顔と感動にあふれる歯科医院を目指しています。


氏名: 武井 亜子(歯科衛生士) 

書籍名: 「GOOD  LUCK

                    

この本を読んで勉強になった事

大きな目標を立てたなら、それに向かって コツコツと・1つづつ・決して諦めずに前進する。その事が、いつの日か、目標達成に必ず繋がるのだという事。

すぐに取り入れられる・実行出来る事

大きな目標を立て、落とし込みをし、今出来る事を、毎日・少しづつ・確実に行う事。

実際に上記のことを実行するためにいつまでに、  

何をするかという実行計画

今月

どんなに些細な事でも “常に、周りの人達に感謝の気持ちを持ち、それを、言葉と態度に出して表現する。

現在の実行状況

職場では、主にスタッフ間において、常に「ありがとうございます!」の言葉を声に出して言うよう心がけ、相手に少しでも伝わるよう、日頃から、心がけています。

  
Posted by m504218 at 17:49Comments(0)TrackBack(0)