2016年08月30日

歯周病☆

こんにちは、歯科衛生士Tです!

本日は台風で東北の方が大変そうですね。
こちらでも風が強かったりしそうですので、皆さま外出の際は充分お気を付けください。

さて本日は歯周病についてです。
歯周病は基本的症状があまりない病気です。痛みが出始めるのは重症化してからの場合が多いです。
しかし疲れたり、ストレスがかかったり、気圧の変化や季節の変わり目の時は、うずくような痛みを出すことがあります。
疲れた時に歯がうずいて、しばらくすると治まると放置される方は多いですが、そのような場合は歯周病が潜んでいることが考えられますので、お早目の受診をオススメいたします!

歯周病の治療やケアをして、健康なお口の中を保つようにいたしましょう!



江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅  

Posted by m504218 at 12:05Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月25日

歯周病と全身の関わり【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

皆さまこんにちは!
歯科衛生士のYでございます(・∀・)つ

今日は「歯周病と全身の関わり」についてお話ししたいと思います。
歯周病は歯やお口の病気と思われがちですが、歯周病は
全身にも大きくかかわってくる病です。

例えば、心疾患。
歯周病の方は健康な方に比べるとリスクが約2.8倍と報告されています。
歯周病菌が血流にのって心臓まで到達し心臓の弁などに付着し
疾患を誘発するといわれております。

糖尿病は健康な方に比べるとリスクは2倍以上です。
歯周病菌の毒素が血糖値をコントロールするインスリンの働きを妨げ
糖尿病を悪化させるのです。

上記のみではなく他にも歯周病に関連ずく疾患は多くございます。

歯科受診されてない方、まずは当院にいらっしゃっいただき
歯周病の検査から受けてみましょう。

梅雨は中々明けずに雨が降る日々が続いておりますが
ふかさわ歯科は今日も皆さまの来院を心よりお待ちしております。




江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅  
Posted by m504218 at 13:07Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月17日

健康な歯になるためには【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

皆様おはようございます!
歯科衛生士のJです。

気温の変化が激しく、体調を崩しやすい時期ですね。
昨年に比べるとインフルエンザがすごく流行っているみたいです。
手洗いうがいはもちろんのこと
朝晩は白湯を飲んで水分摂取、体をあたためてくださいね!


皆様、歯が健康であるメリットはなんだと思いますか?
むし歯も細菌が原因である病気です。

むし歯や歯周病などの病気をそのまま放っておくと、
歯そのものの保存が難しくなるほど進行してしまい
抜かなければならない場合があります。

歯が抜けるということは、噛む力が弱くなるということ!
普段のお食事がしづらくなるということです。
それだけではなく、隣の歯が移動してきたりお口の中での変化も起こりえます。


原因は、プラークという細菌の塊によるものが1つあげられます。
プラークはまだやわらかいので歯磨きで落とすことができます。
毎日の歯磨きがどれだけ大事がわかりますよね。

しっかり磨けば5〜10分はかかります!
時間がある就寝前などはしっかり行うよう心掛けましょう。




ヾ(´ω`=´ω`)ノ





江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅  
Posted by m504218 at 09:36Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月04日

あけましておめでとうございます☆

皆様あけましておめでとうございます、歯科衛生士Tです。

ふかさわ歯科クリニックは本日から診療始めとなっております。
本年もどうぞよろしく御願いいたします。

皆様年末で歯が痛んだりなさいませんでしたか?
やはり年の瀬は色々と忙しく、疲れが溜まってしまうと、普段は体の抵抗力で抑えられていた細菌が活発になってしまい、腫れや痛みの原因となる場合があります。特に歯周病が進んだ歯や親知らずは腫れやすいです。

年末になって痛みに苦しまないためには、定期的なケアが重要になりますので、皆様痛くなる前に受診なさってください!

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03(3676)1058  
Posted by m504218 at 12:52Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月27日

お口の病気は生活習慣病【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

 みなさまこんにちは☆
歯科衛生士のYでございます!
12月にむけ日々寒くなってきましたがみなさまご体調は大丈夫でしょうか?
手洗い・うがいをしっかりし風邪には充分にお気をつけ下さいませ><

そんな今日はお口の汚れについてお話しさせていただきます!

お口の健康を考えた時、私達は、むし歯や歯周病を気にしますが、原因である
歯垢(プラーク)は1mgの中に含まれている約1〜2億個の細菌や膿を毎日飲み込んで
いることには無関心です。近年の研究では、お口の細菌が血液や歯周組織から体内に
入り込み全身疾患の発病に関係すると報告されています。

そうならないために歯や口の健康と生活習慣の関わりを知り、適切な指導を受けて歯と口の健康を守りましょう!





江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03(3676)1058  
Posted by m504218 at 18:14Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月24日

定期検診の重要性【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】


皆様こんにちは★
衛生士のYでございます。
高校野球【甲子園】も無事終わりましてつい最近から少し寒くなってきましたね。
台風の影響でしょうか?秋の訪れでしょうか?
皆様、体調には充分にお気をつけ下さいませ☆

ここで今日は、定期検診の重要性についてお話しさせて頂きますね!
皆様も歯医者さんへいくと定期検診でお待ちしております等とよく耳にするかと思いますが
なぜ定期検診へ行く必要があるのでしょうか?

定期検診を受けることにより日常生活では発見することの難しい問題を発見できます。
例えば歯周病は中々自覚症状の無いまま進行し気が付けばグラグラして歯が抜け落ちてしまいます。
手遅れにならないためにも定期的に来院して頂き予防をして頂きます。

きていただいた際クリーニングをするかと思うんですが、あれは歯の表面に付いたバイオフィルムを
お取りしています。
バイオフィルムは普段の歯ブラシだけだと取り除くことが困難です。
それを専門の機械を使い落としています。
それらは約3ヶ月ほどでまた元に戻ってしまいます。それを放置すればまた進行、再発します。

それを防ぐためにも3,4ヵ月に1度は来院をして頂きたいです☆


江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03(3676)1058  
Posted by m504218 at 12:53Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月04日

歯茎の炎症

こんにちは、歯科衛生士Tです!

最近は朝から暑くなり、猛暑日が続きますね。冷房で冷えたり、外が暑かったりで気温差が激しいですが、皆様体調にはお気をつけください。

さてこのように暑い日が続くと、歯茎の腫れを訴えて来院される方が多くなったように感じます。
暑さで寝苦しかったり、体調を崩してしまうと、普段健康な時は免疫力で抑えられているお口の中の細菌が活発になってしまい、歯茎を腫れさせてしまうのです。
特に親知らずの周りや、歯周ポケットの深いところに起こりやすくなります。
腫れてつらい思いをしないためには
,桓宅でしっかり歯磨きする。
∋ブラシが届かないところは定期的に歯医者で細菌を落とす。
これらを行うと、腫れにくいお口の環境を作ることが出来ますので、皆様定期的なご来院をお待ちしております!

江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03(3676)1058  
Posted by m504218 at 12:27Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月22日

お口と全身の健康☆

こんにちは、歯科衛生士Tです!

梅雨明けして、毎日暑くなってきましたね。
寝苦しい夜が続きますが、皆様体調にはお気をつけください!

さて皆様、お口の中の細菌が、全身に及ぼす影響についてご存知ですか?
歯周病菌はお口の中だけでなく、血管の中を通って全身を巡っていきます。
すると動脈硬化、早産や低体重児の要因にもなるのです!

歯周病は自覚症状がなく、気付いたときにはかなり進行してしまっているケースも多く見られます。

進行を防ぐためには、毎日の正しいブラッシング、定期的な歯石取りなどの歯周病の治療を行っていくことが重要です。

お口の中を健康にして、全身の健康も保ってまいりましょう!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

03(3676)1058
江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅

  
Posted by m504218 at 12:26Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月17日

歯周病について【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】


みなさま、こんにちは

歯科衛生士のKです。

雨の日が続きあまり春を感じられないですが、大分気温が温かくなってきましたね

寝るときの毛布が暑くなってきたので薄いものに変えました!!



今日は先日新聞で見た歯周病のお話しをしたいと思います。


歯周病というのは自覚症状が少なく、静かに進行していきます。

悪化させると手術が必要になることもあります

進行を防ぐためには日々の歯磨きと歯科医院での定期的な歯石除去が重要になります

なので定期的に歯医者さんに通うことをオススメします。


私どもも皆様の健康を向上できるように努力いたしますので、お電話お待ちしております。



江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
  
Posted by m504218 at 12:32Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月25日

糖尿病【篠崎 ふかさわ歯科クリニック】

みなさまこんにちは!歯科助手のSでございます。

ここ最近気温は低いですが日差しがぽかぽかで、春の到来を感じます。
金曜日には暖かくなるようなので、いよいよお花見シーズンが近づいてきたかとわくわくしております

さて、本日は糖尿病についてです。

糖尿病は自分には関係ないと思っている方、ぜひお読みください。

現在の日本では、食生活の欧米化や高齢社会の進行により、国民の5人に1人の割合で糖尿病のリスクを抱えていると言われています。(予備軍を含む)

糖尿病になってしまう大きな要因は、カロリーオーバーによる肥満と運動不足。
糖尿病は初期段階では自覚症状をほとんど現しません。

悪化してくると「のどが異常に渇く」「多尿になった」「極度に痩せるといった」症状がでてきます。

それの何が怖いの
と思う方もいらっしゃるかと思います。

糖尿病の怖さは全身に及ぶ合併症にあります。

糖尿病網膜症は進行すると、網膜の細小血管がもろくなって出血、失明することもあります。
糖尿病腎症が原因で腎不全に陥り、人工透析を受ける必要が出てくることもあります。
自律神経の異常で起こる糖尿病神経障害は、足先がしびれたり、傷が原因で壊疽となり、足を切断せざるを得ないケースもあります。

また、細小血管だけでなく太い動脈にも影響し、脳梗塞や心筋梗塞を発症させる要因にもなります。

さらに、歯周病とも関連があります。
歯周病が進行すると、歯が抜けてしまうこともあります。
糖尿病に罹患している方はそうでない方と比べて二倍以上歯周病になる可能性があり、重症化しやすいという報告がされています。

自分の体を守れるのは自分だけです。
健康的な生活を送れているか、今一度見直してみてはいかがでしょうか?


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


江戸川区 歯科 歯医者 ふかさわ歯科 篠崎 瑞江 一之江 船堀 本八幡 小岩 駅
03−3676−1058
  
Posted by m504218 at 12:22Comments(0)TrackBack(0)